*

趣味

航空祭のススメ

2019/10/15

みなさんこんにちは。
栄えあるEBAのブログ執筆者に選ばれた坂本です。

何を執筆しようか迷いましたが、猛烈にオススメしたい航空祭について書くことにしました。
普段休日は引きこもって外出は近所のスーパーへ買い出しに行くくらいの私ですが、
埼玉県で年に一度行われる入間基地航空祭の日だけは前日から準備をし、当日は始発の電車に乗って行きます。

☆航空祭って?
航空自衛隊の戦闘機や救難ヘリや警備犬が、どのようなことをやっているかを見せてくれるお祭りです。

☆ショーのメインって?
日本に数機しか存在しないブルーインパルスという戦闘機によるショーです。

☆RTBってどういう意味?
リターン トゥ ベース つまり「基地に帰還する」というカッコイイ自衛隊用語です。

概ねこのあたりの知識があれば楽しむことができると思います。

入間基地航空祭は11月3日文化の日に年に一度行われる航空祭ですが、飛行機がとても好きな友人と今年も3人で見に行きました。今年で2回目になります。凄くいいお天気で、絶好の航空祭日和になりました。

今年は端っこですが最前列を確保!
image3
よく救難ヘリとして飛んでるAH-1Sという機体

ブルーインパルスも目の前で見ることができます。大勢の方がいてもご安心ください。
演目は空でやります!!
つまり最前列じゃなくても、ずっと後ろの方でも見れます。

午前中は救難ヘリの活動、パラシュート降下などの活動をご紹介していただきました。
メインはブルーインパルス。ブルーインパルスです。(大事なことなので二回言いました)

13時頃からブルーインパルスのショーが始まるのですが、それだけを見に来る方も大勢いらっしゃいます。
13時よりも少し早めに来た方が無難です。(重要)

ココで飛行技術に関する一部の技をご紹介。

image7
バーティカルキューピッド

image8
スタークロス

詳しい説明はWikiか航空自衛隊のサイトをググっていただければと思います。とにかく凄いです。

ブルーインパルスに乗れるのは航空自衛隊の中でもエリート中のエリートだそうで、年期は3年。その間各地でこのような上空でのショーを披露するそうです。
華やかに見えても相当の訓練とその他の知識に人間性が必要という世界。それからこちらも戦闘機ということを忘れてはいけないとしみじみ感じました。

それではこの辺りで。

-趣味