*

未分類

自分に似合う眼鏡を知る前に!

2019/03/06

亀谷劇場を開園します。ビーーーーーッ!

「眼鏡が似合う人って羨ましいなぁ。。。」

「と思っているそこのあなた!!あなたにも、似合う眼鏡はあるんです!」

「そっそうなの!?」

「そうなんです!!」

「じゃぁ私に似合う眼鏡ってどんなのなの??」

「それにお応えする前に、まずは眼鏡の種類を知ってみましょう。」

「はっはい!? よっよろしくお願いします。。。」

「けっこう種類があるんですよ。準備はいいですか?行きますよ!?」

フルリム
レンズ周りを、リムが囲む一般的なタイプ

 

ナイロール

レンズの上部のみにリムを使用。

リムで囲まれていない部分のレンズに溝を掘り

ナイロン糸で固定したタイプ

 

ツーポイント

レンズを両端だけで留めているタイプ

 

アンダーリム

レンズの下部のみのリムがあるタイプ

 

ラウンドタイプ

正円に近い丸型。

ジョンレノンとかが有名ですよね。

 

オバルタイプ

一般的なタイプですね。よく見かけると思います。

知的な印象がありますよね。

 

スクエアタイプ

四角い形が印象的ですね。

硬派な印象もありますかね。

 

ボストンタイプ

丸みを帯びた逆三角形がベーシックなスタイルです。

ここ何年かは、巷でよく見かけますね。

 

ウエリントンタイプ

上辺が下辺よりも少し長めの台形型

テンプル(眼鏡の腕の部分)が、リムの最上部から出ています。

 

レキシントンタイプ

上辺が下辺よりも少し長めの台形型

リムの上部が太めのフレームを持つタイプですね。

 

オートタイプ(ティアドロップ)

涙のしずくのような形状

上下に大きさがありタイプですね。

父もレイバンのなんちゃらをよくかけています。

 

フォックスタイプ(パピヨンタイプ、バタフライタイプ)

目じりが上がったデザイン

レンズが小さく、フレームの横幅が広い。

よくドラマの中で、教師役で使われますよね。

 

オクタゴンタイプ

八角形という意味。

少しレトロでクラシカルですね。

 

ヘキサゴンタイプ

六角形という意味。

スクエア型よりも柔らかいですね

 

バレルタイプ

樽の形をしたもので、スクエア型の天地がやや膨らんでいる。

中々この眼鏡に出会ったことはないですね。

 

「どうですか!?これはほんの一部です。ですが、ベースとなる形が上記の種類です。

例えば、スクエア寄りだけど、パピヨンも混ざっている形とか!(*´Д`)ハァハァ」

「本当に種類がたくさんあるんですね!!正直、憶えられないぐらいです。」

「だよね。私も、この眼鏡の形の名前は、、、うーんと、えーっと。てな感じになることもあるんだよ。」

「そうなんですね。では、種類もたくさん知ることができたので、そろそろ私に似合う眼鏡の形を教えていただきたいのですが、、、」

「あーっと!!もうこんな時間だ!そろそろ、pythonに戻らなくては!」

「そんなぁ!?せっしょうな!」

「申し訳ない!似合う眼鏡は、今度会ったときに時にたくさん話すから、安心してくださいね。

もちろん髪のことでも、パーソナルカラーのことでも、動物占いでも、幽霊体験談なんかでも、いつでもおいでませ!」

「絶対ですよー!約束ですからね!」

「OK!約束は守るためにあるからね。では、また! Au revoir à bientôt!(^_-)-☆」

-未分類